ホワイトニングとクリーニングの違い

ホワイトニングとクリーニングの違い

ホワイトニングとクリーニングの違い

ホワイトニングとクリーニングの違いは、簡単にいうとホワイトニングは歯の漂泊のことで自費の治療になり、クリーニングは歯のお掃除のことです。
それぞれの違いについてさらに詳しくご紹介します。
ホワイトニングは、歯そのものを白くする作業のことで、自宅で行うものと歯科医院で行うものがあり、どちらも保険の適用外なので自費で治療する必要があります。
消毒液と同じ成分の過酸化水素を使用して、歯に染み込んだ有機性の着色成分を分解、漂白する方法で、歯が痛むということはないと言われています。
自宅で行うホームホワイトニングの方法は、マウスピース状のトレーに低刺激の過酸化尿素という薬を入れて、定められた時間だけ歯に装着することでホワイトニングを行います。
歯科医院で最初に自分の歯に合ったトレーを作り、自宅に持ち帰って自分でトレーに薬を入れてはめるというケアを繰り返し、連続して2週間ほど使用します。
その効果には個人差がありますが、少なくとも1〜2段階は白くなると言われています。
一方オフィスホワイトニングは、歯科医院に来院して、変色している歯に1本ずつ薬品を塗布して漂白を行いますが、神経があるかないかで方法が異なります。
そしてクリーニングは、虫歯や歯周病などの原因となる、歯の表面についている歯石や歯垢を取り除く作業のことです。
経験を積んだ歯科医師や歯科衛生士によって、超音波スケーラーという振動で汚れを落とす機械や、ハンドスケーラーという手用器具を使用して行います。
部分的で簡単なクリーニングの場合は1日で終わりますが、通常は数回に分けて行う場合が多いようです。
あくまで歯の表面に付着している汚れのみを除去する処置なので、もともとの歯の色が変色している場合は、クリーニングだけで歯が白くなることはないと言われています。歯磨きで歯を白くする方法はある?

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ