赤ちゃんのアレルギーに注意

赤ちゃんのアレルギーに注意

赤ちゃんのアレルギーに注意!

授乳中にエビを食べたら赤ちゃんに湿疹が!?画像あり

 

エビなどの甲殻類は、アレルギーが出やすいので
赤ちゃんには1歳を過ぎてから
少しずつ与えたほうが良い、

 

というのは知っていましたが、

 

まさかまさか私が食べることで、
赤ちゃんにも影響が出るとは思わず
先日、海老をたくさん食べてしまいました。

 

食べた後で母乳をあげてしまい、
翌日、顔やおなか、背中などに
赤い湿疹が・・・。

 

今までもエビフライなど食べたことはあったのですが、
湿疹が出たのは今回が初めて。

 

今までは食べても2〜3匹だったのが、
今回は10匹以上一気に食べてしまったからかと思います。

 

ただ、1日に経つと自然と元に戻ったので
ひとまずホッ・・・

 

ママが食べたものから本当に母乳を通して
赤ちゃんにすべてが影響すると実感したので

 

これからは気を付けたいと思います。

 

と共に、しっかりと栄養のあるものを
食べないとですね^^
授乳中の食事で気を付けることは?

 

この機会に、授乳中の食事で
避けたほうが良い食べ物を確認してみました。

 

【アレルギーが出やすいもの】

 

卵・牛乳・大豆・小麦・そば・えび・ピーナッツ

 

赤ちゃんに多いアレルギー食品なので
今回の私の体験のように、
赤ちゃんに湿疹など影響が出てしまうことも。

 

すでに赤ちゃんの原因不明の湿疹がある場合
知らずに摂取しているのが原因かも??

 

一度病院でアレルギー検査をしてみてはいかがでしょう。

 

【香辛料の多い辛いもの】

 

カレーやキムチなど、刺激の強い食べものは
母乳の味も変わってしまいます。

 

今まで甘味だったのが、急に辛味になることで
赤ちゃんが母乳を嫌がることも。

 

【油分が多いもの】

 

これは結構有名ですよね。
揚げ物などの脂っこい食べ物を食べると
おっぱいも油っぽくなり詰まる原因になるので
授乳中は避けたほうが無難。

 

といっても、私はほとんど気にしず
食べていますが、特にきになりません^^;

 

でも完母の方でしたら、
出来るだけトラブルは避けたいですよね。

 

母乳にはストレスが一番の大敵

 

いろいろと授乳中には注意するべき食品がありますね。

 

妊娠中にもいろいろと食事には制限があったのに
生まれてからもまた制限があるなんて・・・

 

私は産まれたらなんでも食べれる〜〜!

 

と思っていただけに、プチショックでした。

 

でも、あれもこれもと気にしすぎて
逆にストレスになってしまうと
母乳が出にくくなってしまいます。

 

特になにも症状が出ていないのであれば
思い切って食べたいものを食べるときがあっても
イイと思いますよ!
まとめ

 

ツルツルの赤ちゃんの肌に
いきなり赤い湿疹ができると、
やっぱりちょっとびっくり焦りますが、

 

今回は原因がわかっていたし
1日でなくなったのでよかったです〜〜

 

育児を頑張るママさんたちの
お役に立てたらうれしいです。

 

妊活にはこれがオススメ⇒卵子 老化防止 サプリ


ホーム RSS購読 サイトマップ